内視鏡検査

がまんしなくて良い内視鏡検査・早期がんの発見

内視鏡検査

 苦しくない、痛くない内視鏡検査をスピーディーかつ正確に行います。熟練した技術と補助的な鎮静剤の投与により、「いつの間にか終わっていた」と大多数の患者さんが言うほど苦痛がありません。

 またこの度最新のNBI内視鏡システムを導入いたしましたが、これは特殊な波長の光源を用いることにより「がん」が浮かび上がって見える様にする装置です。

 この最新NBIシステムによりこれまで通常の観察で見逃されていたような小さな咽頭、喉頭がん・食道がん・胃がん・大腸がんも見つけることができます。

 もちろん他にも鼻から入る細い内視鏡(経鼻内視鏡)も導入しておりこの場合、鎮静剤の投与なくとも吐き気が少なく検査中に会話も可能ですので意思の疎通をしながら安心して検査を受けていただくことができます。

ごあいさつ  〜胃腸内科 金行祥造〜

胃腸内科 金行祥造のごあいさつ

 とにかく患者様の苦痛や負担がないように、かつすばやく正確に内視鏡検査および治療を行うことを心がけております。患者様がカメラを受けられたあと帰られるときに『明日もう一度先生のカメラを受けてもいいよ』と言われるくらい患者様にとってやさしい検査を行うことを常に理想と掲げております。

 空腹時に胃が痛いのに日頃からお忙しくされていてなかなか休みのとれないお勤めの方や、朝から急に胃が痛くなってしんどく食事も取れなくなった方、テレビを見ていてガンが心配になった方などにおかれましては診察日はいつでも迅速に胃カメラが可能(朝食を摂られていなければ)ですのでぜひご相談ください。誠心誠意診察治療させていただきます。

 大腸カメラにおきましても今までなかなかカメラが入らず苦しまれた結果検査を中断された方、大腸ファイバーは痛いので受けたくないと思っておられる方などぜひ気軽にご相談ください。技術面でも現在までの豊富な経験を生かしスピーディーかつ正確に、また患者様個別にあった軽い鎮静剤の投与を組み合わせ安心して検査を受けていただいております。



胃カメラ

 胃カメラは食道・胃・十二指腸を観察し、炎症・潰瘍・ポリープ・がん・静脈瘤などがないかどうか調べます。ピロリ菌検査も可能です。

検査について

検査について

 胃カメラ(経鼻・経口)は診察日には毎日行っています。ご予約は不要ですが、事前に電話にてご照会を頂くとお待たせしません。絶食にてご来院いただければ、速やかに対応させて頂きます。検査時間は約15分~20分程度で終わります。

 ご希望の方は鎮痛剤を使用して検査をさせて頂きます。ただし、鎮痛剤ご希望の方は、車・バイク・自転車の運転は必ず控えてください。

 当院ではリクライニングソファーにて検査終了後ゆっくりお休み頂けます。

 また当院は三原市の胃がん検診(内視鏡)実施医療機関です。

 ※検査前日は消化の良いもの(おかゆ・素うどん・食パン)を食べてください。

 21時以降は絶食ですが、お茶・白湯・内服薬は就寝前まで可能です。

 ※定期薬(血圧の薬・糖尿病の薬・パーキンソン病の薬・血液の流れを良くする薬)を飲まれているかたは、事前に申し出てください。

胃内視鏡検査費用(参考)


1割負担
3割負担
胃内視鏡(検査のみ)
2,000円前後
6,000円前後
胃内視鏡(病理組織検査含む)
3,000円~4,000円前後
9,000円~12,000円前後


大腸カメラ

  大腸カメラは大腸・直腸を観察し、炎症・潰瘍・ポリープ・がんなどがないかどうか調べます。

当院では、経験豊富な医師により、必要に応じて日帰りで内視鏡的ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術もすることが可能です。

検査について

検査について

  大腸カメラは腸の内容がある程度きれいでないと観察できませんので原則予約制となっております。検査ご希望の方は、まず受診をしてください。

 ご希望の方は鎮痛剤を使用して検査をさせて頂きます。ただし、鎮痛剤ご希望の方は、車・バイク・自転車の運転は必ず控えてください。当院ではリクライニングソファーにて検査終了後ゆっくりお休み頂けます。

 ※検査前日の夕食は21時頃までにはお済ませください。その後は絶食ですが、空腹に耐えられ場合は、水・お茶・氷砂糖等は可能です。

 ※定期薬(血圧の薬・糖尿病の薬・パーキンソン病の薬・血液の流れを良くする薬)を飲まれているかたは、事前に申し出てください。


大腸内視鏡検査費用(参考)


1割負担3割負担
大腸内視鏡(観察のみ)3,000円程度8,000円程度
大腸内視鏡検査(病理検査組織含む)4,500円~6,000円程度13,000~19,000円程度

上記金額はあくまで参考金額です。細胞検査の数(切除した場所)により、費用が変わります。

日帰り内視鏡的ポリープ切除術

 大腸内視鏡検査でポリープが見つかった場合にその日は観察だけに留め、また日を改めてもう一度大腸内視鏡およびポリペクトミーを行う事もあります。しかしこの場合、患者さまの身体的経済的負担が必要以上に増えることもあります。

 したがいましてこのような負担を軽減するため 当院ではご本人やご家族の了承がある場合は、日を改めずにそのまま検査中にポリペクトミーや内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除を行うことをお勧めしております。

 またポリープが巨大だったり数が多い場合、悪性病変が疑われる場合は日を改めての治療や連携先病院の対応の手配をさせていただくことがあります。