在宅医療

往診の流れ

訪問診療

患者様のご自宅・施設に定期的に訪問し、診察をおこないます。

対象者

○一人で病院への通院が困難な方

  • 寝たきりとなった方
  • 認知症により一人で通院することが難しい方など

○施設に入居されている方

  • グループホーム・有料ホーム・高齢者向け住宅などの施設に居住されている方
2週間に1回の割合で定期的、かつ、計画的に訪問し、診察、治療、薬の処方、療養上の相談、指導などを行っていきます。また、患者様やご家族の方から相談を受けた時点で、これまでの病歴、現在の病気、病状などを詳しく伺うとともに、関係医療機関などから情報収集をはかります。そのうえで、どのような治療を受けられたいか、ご家族の介護力や経済的な事情など伺いながら、診療計画、訪問スケジュールを立てていきます。

往診

突発的な症状の悪化や状態変化などで、救急車を呼ぶほどでもない場合等や、医療機関へ受診することができない場合患者様やご家族からの依頼で自宅。施設で診察をおこないます。

訪問診療・往診でできること

・定期的な診療(原則的に1回/2週間)
・薬の処方
・血液検査 尿検査
・注射 点滴
・予防摂取 ワクチン接種
・簡単な創処置

診察時に行うこと

・血圧測定や体重測定などの測定、観察
・処方薬の発行
・療養生活における相談・指導
・必要であれば検査(血球・尿)
・簡単な創処置 など

訪問診療

訪問診療までの流れ

STEP1


訪問診療をご希望される方は診察時間内に当クリニックへお電話いただくか、ご家族の方に来院していただきます。介護認定を受けている方は、担当ケアマネージャーにご相談ください。

STEP2


当院のスタッフが自宅や施設に伺い、事前に患者様の疾患や病状、ご家族の要望など確認させていただきます。

STEP3


訪問診療が可能な場合は、訪問診療の日程・内容・医療費について確認していただき、必要書類にご記入いただきます。
(お申し込みの際は、健康保険証・介護保険証・お薬手帳・印鑑をお持ちください。)

STEP4


担当医師が定期的に自宅や施設へ伺い訪問診療が開始されます。

往診

往診までの流れ

STEP1


まずは、電話やご家族の方にご来院頂き、病状を聞かせていただきます。
午前12:00までに連絡いただければ13:00頃の往診の予定となります。
午後17:00までのご連絡で18:00頃までには往診の予定です。

STEP2


簡単に問診をさせていただき、医師と相談させて頂きます。

STEP3


往診となれば自宅、施設へのおおよその訪問時間をお伝えいたします。ただし、在宅での可能な検査・治療は限られているため、電話等でお聞きした病状によっては、救急車などで病院への受診をお勧めする場合もあります。また診察後、他の医療機関を受診して頂く場合もありますのであらかじめご了承ください。

訪問診療・往診の可能地域

城町・中之町・東町・港町・本町・古浜・糸崎・円一町・宮沖・宮浦・宗郷・明神・皆実・西町・頼兼など

その他の地域の方は、事前にご相談ください。

訪問診療費用について

70才以上 (高齢者)

負担割合
基準負担額負担額上限
1割約6000円14000円
2割約11000円14000円
3割約15000円57600円

70才未満 (一般)

負担割合
基準負担額負担額上限
3割約15000円高額医療費による変換
(一定の負担額を超える場合に適用) 
※申請が必要

※検査・点滴・処置など、した場合は別途費用がかかります。

※予防接種・診断書なども自費となります。
※施設入居者の方は、費用が異なりますので詳しくはお問合せください。

支払いについて

一ヶ月分の請求書をまとめて翌月に(上旬)にお送りします。受付窓口もしくは振込みにてお支払いをお願いします。

お薬について

ご希望により、調剤薬局より自宅にお届けします。
(薬代は診療費とは別になります。)